本文へスキップ

木製玄関ドア塗装の専門会社

TEL. 03-3995-0011

セールズ電話は硬くお断りします!!

木製玄関ドア塗装に注意点があります

木製玄関ドア塗装で大切な事

傍から見ると、木製玄関ドア塗装の工事は簡単な作業に見えるかも知れませんが、実は大変難しい作業です。
実際に手掛けてみるとその難しさが分かります。
「おおお。。こんなはずじゃなかった(汗)」
と後悔してしまうケースを数々見て来ました。

できないのに手を付けてしまう業者と、そのなんちゃって業者さんを信用して期待を膨らませたお客様のトラブルも数々見ています。
コチラの記事を書いている際中にも同じ問題(できない業者とお客様間のトラブル)が発生し、お客様から「何とか助けて下さい」とのご連絡を頂きました。

又、弊社に電話をかけて来る、「できない業者」もいます。(助けを求める)(笑)
近年は、建築業やリフォーム業にまで発展していて
、問題が深刻になってきています。

塗装のとも知らない業者、例でいえば、〇〇県で土木業を営んでいても「弊社は木製玄関ドア塗装業を以前から長〜くやっています」のような「なんちゃって業者」も数多くいます。

偽物サイトと言えば、検索して元をたどってみると、会社の経営どころか、存在もしない、場所もない(会社の看板がなく、所在不明)万が一トラブルが発生したときに、お客様が誰と交渉すればいいのか分からない存在の無い業者を「幽霊業者」と言うそうで、最近知りました。
又、今までは、インターネット上でもgoogleの評価(インターネット上に出ている業者が存在するかどうかの選別)がかなり甘かったのですが、最近は段々厳しくなって来ていて、住所を公開していないと会社としてその人物やそのグループを認めなくなっています。
ですが問題はこんなことでは解決しません。
その様な人は、あの手この手で上手く回避する術を見つけ、存在もしない場所に事務所登録しているようです。
なので今や土木業者、クリーニング屋さん等、塗装に何の関係もない業者や、ブログ記事だけを書いている人が、「木製玄関ドア塗装」や「玄関ドア塗装」のお客様を募っています。
「情報を流すだけだから別にいいんじゃない?」と思う人も居ますが、そこが問題です。
そこから訪問するお客様を上手く誘導し、その様な工事野経験もなかったり、知識も無ければ、作業方法もわからない下請けに丸投げします。
今日、インターネットで沢山の情報を仕入れることができるようになった半面、それを簡単に信じてしまうと痛い目に合うのはお客様です。

我々本物の家具塗装職人でも、これだけの経験を積んでも、今頃でも工事の際中に蓋を開けてみてビックリ!のケースは多々あります。

家具塗装は、一般の塗装とは分野も違い、難しい作業です。
木製玄関ドア塗装となると、外にある分、家具塗装の中でも最も難しい内容になります。(木製玄関ドア塗装は家具塗装の分野です)
その為に弊社HPの中に肝心な情報をのせられません。なんちゃって職人もしくは職人でもない連中に(仕事転がし屋)に良いエサヲ与えません!!個人のお客様を守る為そうするしかありません。
業者選びにはくれぐれもご注意下さい。

家具塗装44年目の職人の悩みを読んで頂きありがとうございます。
一日も早くクリーンな社会になる様皆で頑張りましょう。
木製玄関ドア塗装の裏側の大事なポイントをご紹介します

  木製玄関ドア塗装25_1
 業者の見極め方法と正しい判断に約達情報です 上の画像で詳細をご覧下さい 木製玄関ドア塗装25のボタン

 木製玄関ドア塗装_31_1
 木製玄関ドア再塗装をDIYで手を付けると色々な問題が発生して、最終的にその玄関ドアを元の状態に戻せなくなる危険性があります。


バナースペース

お客様の声
木製玄関ドア塗装専門会社

〒177-0033
東京都練馬区高野台5-11-8

TEL 03-3995-0011
作業中の時にお電話に出られない場合がございます。
お手数をおかけしますが、メールにてご連絡いただければ、必ずご返信い致します。

スマホでご覧頂いているお客様: お問い合わせには下のボタンを押して下さい。
工事の流れ



お問い合わせ



全ての工事の詳細をご覧頂くには の立て並びの各ボタンからお探し下さい

木製玄関ドア塗装NO37

木製玄関ドア塗装(ヤマハドア)NO:36

木製玄関ドア塗装NO:35

木製玄関ドア塗装ヤマハ製NO:34

木製玄関ドア再塗装NO:33

yamahaプレミア玄関ドアの再塗装NO:32

木製ヤマハ玄関ドア塗装NO:31