本文へスキップ

ヤマハ玄関ドアの塗装・熟練の職人技で新品同様に蘇えります

TEL. 03-3995-0011

〒177-0033 東京都練馬区高野台5-11-8

西東京市玄関ドア再塗装、ヤマハ製玄関ドア

ヤマハ製玄関ドアを鏡面仕上げしました。まるで新品のような仕上がり!

「木製玄関ドア塗装の作業では古い塗料を剥がさないとダメだと御社のブログで読みました。本当ですか?」
とお客様からのご連絡を頂きました。

お客様にはお見積もりに伺った際、作業の流れ、塗料の種類、仕上がりのタイプ、艶等をご説明させて頂きました。
三日間かけて二人の職人でピカピカの鏡面仕上げにしました。
仕上げをご覧頂いて、「東京ホームペイントさんに任せてよかった」と喜んで頂きました。
ヤマハさんは玄関ドアの事業からは既に撤退しています。
「ヤマハさんの指定業者です」。
と名乗る業者さんもいますが、ヤマハさんは存在しないので、どういう「指定」なのか疑問があります。
新規の木製玄関ドアの塗装は、玄関ドアの再塗装より「楽」です。
既存の木製玄関ドアを正しく再塗装するためには、先ず一番重要な事は 
「全ての既存の塗料を完全にに落す事」です。
昔の塗装業界の暗黙の了解として、木製玄関ドアの再塗装は、「既存のポロポロしている塗料のみを手ペーパーで落し、その後クリアーでしあげる!」
という方法で行っていました。
弊社では昔のやり方(塗装方法)も学び、海外の塗装の方法も学んでるからこそ、経験を活かしながら、独自の塗装方で行っております。
木製玄関ドアの塗装を、現場仕上げなのにココまでのレベルで施工するにはコツが必要ですが、
長年やってきたからこそ、実績と経験でお客様皆様に喜んでいただいてます。
以下の実例をご覧下さい。
ヤマハ玄関ドアを現場施工で塗装を行いました。
仕上がりの変わりようにお客様も驚かれ、大変喜んで頂きました。玄関ドア塗装の前後の変身ぶりをご覧下さい。
 ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.1  ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.2
 ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.3  ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.4
 ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.5   作業工程が沢山ありますが、企業秘密なので、飛ばして〜
仕上げの画像をお見せします。
残念な業社(見よう見まねの業者)が増えるとお客様に大変なご迷惑になりますのでお見せできません。
 ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.7  ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.8
ヤマハ玄関ドア塗装、西東京1.9 
_______________________________________________
*ご注意*
弊社ホームページ、ブログに記載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されています。

著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。
悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。

バナースペース

お客様の声
木製玄関ドア塗装専門会社

〒177-0033
東京都練馬区高野台5-11-8

TEL 03-3995-0011
作業中の時にお電話に出られない場合がございます。
お手数をおかけしますが、メールにてご連絡いただければ、必ずご返信い致します。

スマホでご覧頂いているお客様: お問い合わせには下のボタンを押して下さい。

お問い合わせ

31.木製玄関ドア塗装DIYで起きる問題

30.yamaha玄関ドア塗装