本文へスキップ

木製玄関ドア塗装の専門会社

TEL. 03-3995-0011

セールズ電話は硬くお断りします!!

玄関ドア塗装・玄関ドア修理・対策

玄関ドア塗装と玄関ドアの様々な種類、適切な判断

玄関ドア塗装と家具塗装を長い年月施工して来ました。


玄関ドアには年代別にも様々な種類があります。
木製のように見えても、蓋を開けてみると実は既製品の場合もあります。

玄関ドアの種類別に説明します。

A:木製玄関ドア (素材は無垢の「木」です)
(9割は40〜30年程前に建てられた戸建て住宅に使われています。現在は既に廃番となっており、既に作られていない非常に「貴重」なドアです。)

B:既製品の玄関ドア

C:アルミ素材ドアの上にプラスチックシートの木目調等

D:アルミ製の玄関ドア(シート等が貼られていないタイプ)

E:SD玄関ドア(スチール製ドア)
SD製ドアもアルミ同様様々な種類があります。
SDドアは主にマンション、アパート、店舗等で使用されているのを多く見かけます。


の木製玄関ドアは、遡ること30年〜40年程前に、日本国内では主にYAMAHAさんで作られていました。

国内でまだ木がふんだんに生産されていた時代です。
品質、強度(耐久性)、見栄え等 全てに関して、最高のドアでした。(家具塗装職人44年の考えです)

この木製玄関ドアは、素人様レベルでのメンテナンスだけでなく、中途半端な塗装職人さえやたらに手をかけることはお勧めしません!

木製品の塗装は奥深い分野なので、ここではこれ以上申し上げませんが、素人考えで手を出すと、失敗する可能性が9割以上となます。
また取り返しがつかなくなる場合が大いにあることを覚えていただきたいです。


大げさに聞こえるかもしれませんが、貴重な骨董品をいじる事と同じなので、絶対にお勧めしません。
弊社では、過去の事例から、この直しの大変さと、直せない場合の辛さ(既に取り返しが付かない状態)等、数々経験してきました。
数年前からは、素人様いじりの木製玄関ドアの再塗装は申し訳ないですがお断りしています(触る様なら覚悟が必要です!笑)


の既製品の玄関ドアは、27年〜22年程前まで、国内で多く生産されてしまいました。
YAMAHAさんが玄関ドア業界から撤退したので、これも既に生産されていないドアです。
既製品素材のため、再塗装には向いておらず、塗装したとしもすぐにポロポロしてしまいます。

この様な玄関ドアの再塗装のご依頼をどれだけお断りしたかは数えきれません。(私はできない物には手を付けません)
お問い合わせ頂いた時は、事情をご説明し、丁重にお断りさせて頂きま。

当然なからご依頼下さるお客様も、事情をお分かりになると、ご納得され、説明に感謝されます。

 の玄関ドアは、説明するまでもないと思いますが、知らない方もいらっしゃると思うのでご説明します。
要はアルミ素材を「木製のように見せる」ために作られたドアです。
ユーザー様にとって、メリットとデメリットがあります。

メリットはお値段が安く、最近の住宅メーカーのように一日から二日間で簡単に取り付けられます。

デメリットは、金属の上にプラスチックシート貼られているため、夏の暑い時、日向の場合は最悪です。 熱の伝導率が半端ないです。
(金属製品野玄関ドアの熱の伝導率は木製品と比べ数百倍だそうです@@;)
手に軽い火傷をご経験されたお客様もいらっしゃいます。
デメリットその2
アルミ等金属の上に木目調等のビニールシートを貼られていた場合、シートが熱で縮み、剥がれてしまうため、残念な状態になってしまいます。


D の本物のアルミ素材の玄関ドアは、ビニールシート貼りのドアよりはまだ良い方です。
熱の問題は解決できませんが、必要な時にはこの様なアルミの玄関ドアは再塗装が可能です。(どんな商品でありましても、数年たてば、退色、キズ等が付いてしまいます。
問題が起きたら、直せる商品と、どうにもできない商品の違いが大きいです。


Eの玄関ドア「SDタイプ」主にマンション等アパートで使われている玄関ドアです、このタイプの玄関ドアは素材的に丈夫で、再塗装も可能です。
しかし、適切な処理をし、適切な塗料を選ばなければ失敗に終わります。
利益ばかりを考える知識と経験のない業者さんに依頼すると残念な結果になります。(「直し」は余計に手間が掛かります)



上記説明が、これから玄関ドア塗装のご依頼を検討されているお客様のご参考になれば幸いです。

木製玄関ドアの再塗装事例のご紹介です。
 木製玄関ドア再塗装工事
 玄関ドア塗装.35_1
 アイカ製の木製玄関ドアの再塗装依頼です。
ドアの上部は綺麗ですが、下部は劣化が進み非常に残念な状態です。
 玄関ドア塗装.35_2
 塗膜が完全に剥がれている部分もあり、雨等で水分が入り込むと腐食が進むため、早急な対応が必須な状況です。
 玄関ドア塗装.35_3
 玄関ドア塗装.35_4
 玄関ドア塗装.35_5
 劣化した塗膜を完全に落としました。
 玄関ドア塗装.35_6
 玄関ドア塗装.35_7
 細部に渡り、完全に落とし、下地も綺麗に調整しました。
 玄関ドア塗装.35_8
 玄関ドア塗装.35_9
 玄関ドアの再塗装は完成!!
 玄関ドア塗装.35_10
 玄関ドア塗装.35_11
 玄関ドア塗装.35_12
 玄関ドア塗装.35_13
 見違える様に綺麗になり、お客様にも喜んで頂きました!

--------------------------------------------------------------------
玄関ドア塗装、ヤマハ製のページはこちらから

玄関ドア塗装ヤマハ製NO34リンク


バナースペース

お客様の声
木製玄関ドア塗装専門会社

〒177-0033
東京都練馬区高野台5-11-8

TEL 03-3995-0011
作業中の時にお電話に出られない場合がございます。
お手数をおかけしますが、メールにてご連絡いただければ、必ずご返信い致します。

スマホでご覧頂いているお客様: お問い合わせには下のボタンを押して下さい。
工事の流れ



お問い合わせ



全ての工事の詳細をご覧頂くには の立て並びの各ボタンからお探し下さい

木製玄関ドア塗装NO37

木製玄関ドア塗装(ヤマハドア)NO:36

木製玄関ドア塗装NO:35

木製玄関ドア塗装ヤマハ製NO:34

木製玄関ドア再塗装NO:33

yamahaプレミア玄関ドアの再塗装NO:32

木製ヤマハ玄関ドア塗装NO:31