本文へスキップ

東京ホームペイントの(工事の流れ)

TEL. 03-3995-0011

〒177-0033 東京都練馬区高野台5-11-8

工事の流れ

工事の流れは以下の通りです

その前に・・
数々のホームページの中から弊社をお選びいただきありがとうございます。

弊社ホームページをご覧頂いているお客様に「工事の流れ」をご説明いたします。

このホームページの担当は(代表の導利です)。
私の経験から申し上げますと、この業界(塗装業界では)かれこれ43年目になります。(2022年現在)
長い年月 色々な経験をし、色々な技術を学び、更に研究しながら自己開発も行ってきました。
なので、お客様からお送り頂く数枚の画像からでもその商品(ドア、家具などの現状況)の塗装的な判断は可能です。

お見積りの段階で全てのお客様から 「画像」 をお送り頂いています。

画像の適切な取り方(ぶれていない画像、容量は小さすぎる画像はダメです)適切な画像であれば、それを元に数枚の画像では9割程度 適切な見積もり判断が付きます。

「概算お見積り」と言っても、今までの数々の工事の9割以上は実際のお見積り価格になっております。



送られた画像がボヤけていたり、塗装対象品から大分離れた状態で撮られたり、画像が圧縮され過ぎてしまった場合、妥当な判断(お見積り)はできかねてしまいます。
プロカメラマン並みの画像とは言いません。塗装対象物のお写真を普通に撮って頂き、普通に(圧縮などせずにお送り下さい)お願いしているままの画像をお送り頂ければ大丈夫です。(お問い合わせページをご参考)。弊社HPのお問い合わせボタン。。

工事をする職人の目(代わり)になって、「どう撮ればこの被写体を上手く理解してもらえるか」を考えて頂くだけです!




仲介業者はお断り

基本的に弊社を訪れる方は 個人のお客様別名一般のお客様なのか建築関係の業者さんになります別名(仲介業者)です。
建築会社、デザイン会社、不動産、工務店等は当てはまります。
その様な人は全て仲介業者です!!
日頃弊社に電話かけて、「弊社は〇〇建設とか〇〇不動産です」!!
仲介業者はお断り!を伝えると「いえ弊社では仲介業者ではありません」!!あきれる答えに笑っちゃう。。この様に社会勉強もせず、言葉も分からない人が電話してほしくはありません。

仲介の意味もまだ分からない残念な連中にこの場で言います:仲介業者は、何もせず、職人の努力とお客様のお金で生活している者に言います。覚えた方が宜しい
仲介業者は 他人の分同士で相撲をやる者です。

職人は汗流して、苦労して努力して、正しい事をするので、誰かをだまして生活したりはしません。
弊社では
個人のお客様のご依頼」以外は全てをお断りしております。

理由はコチラではお伝えしきれません。長い年月の嫌な思いと苦い経験からその様な決断にたどり着いてからかれこれ13年経過しています(2022年現在)。

簡単に言えばプロの職人の私達にも、お客様にもよろしくないからです。
2008年頃からこちらのHPを自力で作ってから全ての仲介業者さんの工事を硬くお断りしております)

かといって、お問い合わせ頂いているお見積り依頼が 個人のお客様なのか、仲介業で味をしめしている業者さんからなのかは判断がつきません。(当然です)
そのために 全てのお客様に

・お名前(フルネーム)
・ご住所(フルで)何番地の何号室まで
・ご連絡先お電話番号
をご記入下さい。
詳しくは弊社「お問い合わせ」のページのリンクをコチラにも貼りますのでご参考下さい。
https://t-homepaint.jp/contact.html





話しは長くなりました、すみません。

〜工事の流れ〜

1−「見積りを依頼したい」→弊社のお問い合わせページをご覧下さい URLは上記↑をご参照下さい。

2−皆様にお願いしている必須事項をメールにてお送り下さい。
(※難しければ郵送でもかまいません)

3−送った後はご自分の「送信メール」も確認頂くのが確実です(送れていない場合も、「エラー」等が来ているかどうかで判断が付きます。
注意:当然ではございますが、お客様も受信メールを(拒否設定しては行けません)他からの受信拒否を設定されていると、弊社からのお返事を受け取れないでしょう。
その様なお客様も度々来られます。

4−弊社からお客様情報を元に「概算お見積りメールをお返事致します」。
(※3日以内にお返事するように努力はしておりますが、現場仕事が続くなどでお返事が遅れる場合もございます。
又、画像の容量オーバー、アドレス違い等で届いていない場合もございますので、ご不明な時は お手数ですが先ずはお客様のメールが送信されているか、その後ご自身の受信箱にエラーメッセージが届いていないかをご確認いただいてからお電話でご連絡頂ければ幸いです)。
しかしセキュリティー強化の為
非通知電話にはお答えしません
(ハッカーの可能性も高いです)2021.12月ごろからマイクロソフトをよそっての国内電話番号からかける怪しい者も沢山見ました。
弊社PCも2022.4月一度感染しそうになったので完璧な作業関係を整うのに5日間かかりましたので慎重に見極める必要があります。

5−弊社からのお見積りをじっくりお読みください。
面倒かと思いますが、表面だけではなく、お分かり頂けるレベルまで(少なくとも2回以上)お読み頂くことをお勧めします。


6−お見積り内容をご理解頂き、金額的にもお客様のお考えのご予算に合う様でしたら、「工事を発注する前提で」、弊社にメールでその旨をお知らせ下さい。

7−弊社から日程を調整させて頂くお返事を致します。
お客様のご都合もお伺いし、伺う日をお互いの希望に合わせ、メール連絡で決めます。

8−お約束した日時通りにお伺います
(弊社では決まったスケジュールの順番通りに動きますが、以前はお客様によってはその日をお忘れてお留守たりするケースも何件も!ありました。
日程が決まりましたらご予定日を忘れないようにメモをお取り下さい。)

9−伺った日に、工事日を決めます、(工事のご説明と詳しい現場調査を含めて)

場合によっては「お客様の生活環境の中では工事が不可能だった」という事例もありました。
お客様から頂いた画像に入っていなかった情報等様々な予想外な事も考えられます。
概算お見積りの段階では「最悪の状態」は考慮していません。
できるだけお客様にとってリーズナブルな価格になる様にお見積りしています。
最悪な状態を お見積りの段階で想定してたら、大分高めな金額になるので、最初は
(今までの経験の中での普通の状態で合った場合のお見積りを最初にお出し しております)。


蓋を開けて見たら( ゚Д゚)のケースもございます!!
(過去に大変な状況も沢山見て来ましたが。。
できる限りお値段を抑えたいので、確実な情報(包み隠さず)今までの行った行動(メンテナンス)を素直に教えて頂かないと、後、それが状況を厳しくしてしまいます。
最近その様な事例が多くなって来ておりますので、職人を悩ませています。

ベストな施工方法、ベストな仕上がり、ベストな長持ち
は、全て「下地」にかかっています。
見た目の現状だけでは分からない事もあります、過去の経歴も隠さず全てを教えて下さい。
「今まで何もしていない」!と言い切る方も「お手入れは一度もしていない」とおっしゃる方の扉の工事に取り掛かった 初日で、大変な事になっていたケースは何件もありました。
となれば、プロ職人の経験で工事を上手くこなせます、しかし、工事に取り掛かって見ると後から問題が現れ、「そういえば・・」とお客様がその時点で思い出す・・中にはその様なお客様もいらっしゃいます(;^_^A
職人も色々、お客様も。。世の中では皆同じ考えと同じ心を持っている分けではない。
それを何度も経験しました、そのような場合は施工方針を変えざる負えない、また素人様お相手ですと、最初から別の方法の説明、それも工事の真っ最中!!大変です。

上記のご説明で私達職人の苦労を少しお分かり頂けましたでしょうか。
それでも今まで弊社の工事ではクレームがございません。
本当です、それは大変な努力と大変に細かい事をチェックし、お客様にもご理解頂くまでご説明しているからです (汗)


☆それではおさらい致します☆
1−
お客様はお見積りの為に必要な情報を弊社に送信。

2−
弊社からの「お見積り」を念入りにお読みいただきご理解が大事。

3−
工事を依頼したい決心がつきましたらお返事を下さい。

4−
工事を契約する前提で弊社から工事担当がお伺いし、詳しい現場調査、本見積もりの上、工事の日程を決めます。
伺う際は「工事を行う前提」でお願い致します。

工事をやるかどうかの決心が付いていない方はお声かけをご遠慮下さい。
上記のご説明通り、工事をやりたい との決心が出来たら
お声かけ下さい。




内容を知りたい!金額を知りたい!
だけど工事をやるかどうか決めていない。
(逆に言えば弊社を信じていない、もしくは自分で情報だけを得る目的で弊社職人を呼ぶのではないでしょうか!! 

内容を知りたい方は 弊社ホームページをじっくりお読みください。色々とお勉強になるかと思います。

弊社ホームページでは、企業秘密に触れないギリギリのところまでご紹介しています。
ご納得頂くまでよ〜くお読み頂き、ご理解の上でご連絡頂ければ幸いです。
メールにてお返事させて頂いた「概算お見積り金額」は、余程の現状との相がない限りは、「そのまま」又は「範囲内」が本見積もりになります。
(※概算お見積りより低くなるケースはございません。最初から一番低めな金額でお見積りています)

お伺いする際は「工事を行う前提のお客様」のみにご説明させて頂きます。
長い年月の汗と努力の結果、身に付けてきた「弊社の技術」と自負しています。やたらに口外したくはありません。
同業者、ライバル社、建築業の皆は弊社のやり方に興味あり、その様な問い合わせの電話とメールも受けていますが。。。

できない者に教えても上部 のみをちょいかじりをされても、今までと変わりなく、一般のお客様がこの様な人にやられてしまい、世の中には努力する者がバカに見えるだけではないでしょうか。

工事をやりたく無いのに、やり方だけを覚えたいのは業者同然として、絶対に教えません。その為先に発注を交わして、発注書にサインをし、工事日を決めてから工事詳細のご説明をしております。
その様なずるい業者同様な人も度々表れています。
職人として、工事を休んで、二人で一日を開けて、交通費、ガソリン代をかけて、お客様のところに伺うので、(工事を決めるかどうかを考えて見る!!はその段階では常識を外れてると見なして、出張代金をその様な方から15000円頂きます。

やり方等を同業者も、ライバル社も、建築業界の様々な者が知りたい、ご依頼主様が個人でしたら、先に弊社HPを頼りに気が済むまでお勉強なさって、本当に工事をやりたい心の準備ができたら、お声かけ下さい。

教えたければわざわざ自分で損する事はありません、ホームページに載せた方がもっと沢山の人に見られ、さらに評価も上がると思いますが、敢えて載せない理由をご理解下さい。
工事をご依頼のお客様のみに、伺った際に詳しくご説明させて頂いております。



5−
予定通りに工事に伺い、決められた施工方法で、決められた日数(天気次第)でベストな仕上がりをご提供いたします

最後までお読み頂きありがとうございました。

バナースペース

お客様の声
木製玄関ドア塗装専門会社

〒177-0033
東京都練馬区高野台5-11-8

TEL 03-3995-0011
作業中の時にお電話に出られない場合がございます。
お手数をおかけしますが、メールにてご連絡いただければ、必ずご返信い致します。

スマホでご覧頂いているお客様: お問い合わせには下のボタンを押して下さい。
工事の流れ



お問い合わせ



全ての工事の詳細をご覧頂くには の立て並びの各ボタンからお探し下さい

34.玄関ドア塗装・ヤマハ製

33.木製玄関ドア再塗装

32.YAMAHAプレミア玄関ドアの再塗装