本文へスキップ

木製玄関ドア塗装は家具塗装と同様です、非常にデリケートな作業です

TEL. 03-3995-0011

〒177-0033 東京都練馬区高野台5-11-8

ヤマハ製玄関ドア塗装の施工例のご紹介

木製玄関ドア塗装に最適な塗装方法を長年検証してきた結果..

木製玄関ドアの再塗装は家具の塗装と同等です。
家具塗装は一般の塗装職人が手を出せるものではありません。
木製玄関ドアの塗装は外の環境にあるため、家具塗装の中でも最も難しい。
木製玄関ドアは耐久性を保つことが重要で、一年後はどうなっているかが大切です。(剥がれたりしていませんか)?


「自分でやってみようと取り掛かったところ、思った以上に難しく、色々と勉強して、東京ホームペイントさんにたどり着きました。」とおっしゃるお客様から工事のご依頼を頂きました。
工事前にサンプルをお見せしながら、詳しいご説明をし、やり方と料金にもご納得頂きました。

施工時には各工程をご覧頂き、仕上がりにもとても喜んで頂きました。
 ヤマハ玄関ドア塗装1  ヤマハ玄関ドア塗装2
 施工前のドアの状態です  古い塗膜がポロポロ。雨水が入り込み
「傷みの始まり」です。手遅れではないですが、
ここまで来ますと、早めの対応をお勧めします。
 ヤマハ玄関ドア塗装3  ヤマハ玄関ドア塗装4
 ヤマハ玄関ドア塗装5  ヤマハ玄関ドア塗装6
 旧塗膜を丁寧に全て落しました。

知識のない職人はガリゴリと電気機械のパワーに任せて削ってしまうので、せっかくの「綺麗な化粧下地」がボロボロになってしまうことが多々あります。
 木製玄関ドアの再塗装では、やり難いところも「いかに木を傷めずに仕上げるか」がプロ職人の腕の見せどころ!
 ヤマハ玄関ドア塗装7  ヤマハ玄関ドア塗装8
 ヤマハ玄関ドア塗装9  ヤマハ玄関ドア塗装10
 ヤマハ玄関ドア塗装11  ヤマハ玄関ドア塗装12
ヤマハ玄関ドア塗装調布市仕上げ 

弊社では個人事業を開始した19年前から、木製玄関ドア塗装に関して、研究を重ねてきました。
又、そのころから
「旧塗膜を完全に落してから、丁寧な再塗装を行う」ことを、徹底して実行しております。

お客様からご依頼を頂いて現場にお伺いすると、「前回どのような方法で施工されていたのか」がよくわかります。
その殆どが表面を軽くペーパーをかけて、その旧塗膜の上にそのまま塗り重ねる業者が9割以上!!。

これでは
密着が悪いため、すぐにポロポロと剥がれてしまうので、長持ちするはずがありません!
インターネットで「木製玄関ドア塗装」と検索すると890000件の検索結果が出てきます。
一般の方ですと、その上位から順に業者をお探しになるのが普通です。

ですが、専門業者の目から見ると、その中には・・外壁専門塗装会社、ハウスクリーニング専門店、塗料販売店 etc・・。

「木製玄関ドア塗装」とは殆ど無縁な業者さんも沢山出てきます。
インターネットのノウハウを知っている専門のIT会社に頼んで、お金さえ出せば、上位に載せる事は容易にできてしまうからです。

上記にも書きましたが、
家具塗装は一般の塗装職人が手を出せる物ではありません。
塗装業者さんも様々です。
A社:うちは外壁専門なので、「木製玄関ドアの塗装」は専門の業。

B社:経験もないのにプライドからか「できます!任せて下さい!」
と言っておきながら、実際は失敗してお客様に迷惑を掛けてしまう業者。者さんに頼んで下さい。

C社:お客様と詳しいご相談もせず、勝手にペンキで塗り潰してしまう業者。
などなど・・
「内容を調べず安易に工事を頼んで失敗!」というケースを沢山みてきました。

と言うのも、
その「直し」のご依頼を数々お受けしてきたからこそ、言えることなのです。

弊社のホームページでは金額、工程の詳細はあえて載せていません。
説明が少ない理由はこのような「残念な業者」を増やさないためです。
「木製玄関ドア塗装」は、昨日、今日ですぐに身につく技術ではありません。
30年以上この仕事に携わってきた弊社でも、今だに新たな問題にぶつかることもあります。
戦後、日本は「技術の国」として発展してきました。
「日本の製品は品質が良い」と世界に好まれるのも、地道に努力を重ねてきた先代の職人たちの成せる技です。

「木製の玄関ドア」は森林伐採に伴い、今では貴重なものとなってきました。
良いものを長く使うには、うまく再生させる熟練の技術が必要です。
少なくとも、この内容をご覧になられたお客様はこの「残念な業者」に引っかからないようご注意下さい。

バナースペース

玄関ドア塗装・家具塗装専門の会社有限会社東京ホームペイント

〒177-0033
東京都練馬区高野台5-11-8

TEL 03-3995-0011
作業中の時にお電話に出られない場合がございます。
お手数をおかけしますが、メールにてご連絡いただければ、必ずご返信い致します。

MAILt.h.p@t-homepaint.jp
お問い合わせ