本文へスキップ

木製玄関ドア塗装の専門会社

TEL. 03-3995-0011

セールズ電話は硬くお断りします!!

ヤマハの木製ヤマハ玄関ドア塗装で長持ち

ヤマハ木製玄関ドア塗装の専門職人がお客様のドアを新品同様に致します。

ヤマハ木製玄関ドア再塗装のご依頼を頂きました。

お客様ごご自身で既存の塗料をサンドペーパーで落した状態のご依頼でした。
以前、他の業者さんにペンキで塗られてしまい、何とか木目を取り戻そうと、ドアの表面にキズを付けない様に数日に渡りペーパーをかけたそうです。
最後に何を塗っていいかわからず、弊社にご依頼下さいました。文章を入力してください。
 作業の流れを順番に載せました

 ヤマハ玄関ドア再塗装1
  お客様が既存の何層の塗料をサンドペーパーで落しました。

 ヤマハ玄関ドア再塗装2
 細かいところと木目の中には既存の塗料がまだ残っている状態です。ペーパーだけでは木目に入った塗料までは落せません。

ヤマハ玄関ドア再塗装3
  細部のペンキを(綺麗に)落すのには時間がかかります。

 ヤマハ玄関ドア再塗装4
お客様が下手な職人さんよりもキズ付けない様にかなり努力された事は私達職人にもよくわかります。
ヤマハ玄関ドア再塗装5
  格子は面取りされているので、余分に時間かかります

ヤマハ玄関ドア再塗装6
2人の職人で一日半かけて、丁寧に全ての既存の塗料
を落しました。 
ヤマハ玄関ドア再塗装7
ヤマハ玄関ドア再塗装8
細かいところまで塗料を落すことは、新たに塗る塗料を長持ちさせる重要なポイントです。 
ヤマハ玄関ドア再塗装9 
数回の工程を飛ばしましたが、仕上げはこの様に..
ヤマハ玄関ドア再塗装10
お客様 皆様が口を揃えておっしゃいます。
「こんなに手間がかかるとは。。」

ヤマハ玄関ドア再塗装11

ヤマハ玄関ドア再塗装12

ヤマハ玄関ドア再塗装13
ペンキ塗り仕上げとは違う木目の美しさ(?)で綺麗に仕上がり、お客様にもお喜び頂きました。
これで当分はご安心いただけると思います!


 
*ご注意*
弊社ホームページ、ブログに記載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されています。

著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。
悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。

バナースペース

お客様の声
木製玄関ドア塗装専門会社

〒177-0033
東京都練馬区高野台5-11-8

TEL 03-3995-0011
作業中の時にお電話に出られない場合がございます。
お手数をおかけしますが、メールにてご連絡いただければ、必ずご返信い致します。

スマホでご覧頂いているお客様: お問い合わせには下のボタンを押して下さい。
工事の流れ



お問い合わせ



全ての工事の詳細をご覧頂くには の立て並びの各ボタンからお探し下さい
木製玄関ドア塗装.38

木製玄関ドア塗装.37

木製玄関ドア塗装(ヤマハドア)NO.36

木製玄関ドア塗装.35

木製玄関ドア塗装ヤマハ製No34

木製玄関ドア再塗装NO:33

yamahaプレミア玄関ドアの再塗装NO:32

木製ヤマハ玄関ドア塗装NO:31