本文へスキップ

木製玄関ドアを正しいやり方で塗装すると、新品同様に蘇えります

TEL 03-3995-0011

〒177-0033 東京都練馬区高野台5-11-8


木製玄関ドア塗装HEADLINE

横浜市木製玄関ドアの再塗装です

横浜ですけど、木製玄関ドアの塗装をできますか?」
ホームページからのお問い合わせで工事のご依頼を頂き、木製玄関ドア塗装の本見積もりに現地に伺いました。
数少ないタイプの珍しい作りの木製の玄関ドアでした。
デザイン的には雨水が木地の中に入りやすい作りです。
経年劣化で既存塗料の劣化が進み、保護剤が役目を果たしていない状態になっていました。
雨水が入ってしまうと、ドアの木の内側まで濡れて、水分で木が膨らみ、塗料の劣化が更に進みます。
かと言って、木と木の間に塗料をしっかり塗っても(たっぷり吹き付けても)その隙間は埋まりきれません。(シーリングで埋めるわけにもいきませんし・・)
デザイン的には重厚感あって、おしゃれですが(自分も好きなタイプです)雨水が入らないような作りにすることも大事だと思います。
新しいときは良くても、メンテナンスに困る・・とか、再生が利かない「使い捨て」とか、残念でなりません。
下地と新たに塗装する塗料との密着性が良くなるように、下地調整の際、かなり念入りに細かいところまで手を掛けて既存の塗料を全て落しました。

木製玄関ドア塗装横浜市3.1



木製玄関ドア塗装横浜市3.2



木製玄関ドア塗装横浜市3.3 木製玄関ドア塗装横浜市3.3

遠くからではわかり難いので、近くで見てみると、表面が粗くザラザラで、コーティングが無くなってしまっているので、雨や紫外線に晒されている状態です。(危険信号!)

木製玄関ドア塗装横浜市3.5








木製玄関ドア塗装横浜市3.6






弊社では、できるだけ ドアの取っ手を外し、作業が終わり帰る時間に元に戻すことを3日間繰り返します。
その大きな理由として・・
どんな取っ手にも寿命があります。永遠のものは存在しません。取り替えの際に次の商品が小さい物になりますと、跡型が見えてしまい残念な状態になってしまいます。
手間はかかりますが、ベストな仕上がりを提供するための弊社のこだわりです。
上記右側の写真は内側の画像です。殆どのお客様は内側の色と同等色を希望されます。
弊社では、お客様にご希望をお伺いし、お好みに合った色を調合いたします。
又、環境等により
適切な色選びのアドバイスで納得のいく仕上がりをご提供いたします。


木製玄関ドア塗装横浜市3.7



木製玄関ドア塗装横浜市3.8





既存の塗料を完全に落しました。 

細部に渡り完璧です! 
木製玄関ドア塗装横浜市3.9




木製玄関ドア塗装横浜市3.10



二人の職人で無垢の状態に戻しました。
既存の塗料を全て丁寧に落さなければ、再塗装は長持ちしません。
コチラでは、あえて全ての作業工程を載せていません。(弊社の企業秘密です)
本見積もりをご依頼されたお客様には、現地にて詳しいご説明をさせていただきます



木製玄関ドア塗装横浜市3.10





木製玄関ドア塗装横浜市3.11





木製玄関ドア塗装横浜市3.12





数々の玄関ドアの再塗装を行ってきましたが、玄関ドアの小口までは手入れが及んでいないことが圧倒的です。
外部に面している「枠」も当然ながら紫外線 や 雨、風 で劣化が進んでいます。
弊社では、玄関ドアの表面の再塗装はもちろんの事、玄関ドアの両サイドの小口も、既存の塗料を落して、ドア本体と同じ風合いに仕上げます。。



木製玄関ドア塗装横浜市3.13



木製玄関ドア塗装横浜市3.14
艶がよみがえりました! 

 
木製玄関ドア塗装横浜市3.15




木製玄関ドア塗装横浜市3.16





3日間 じっくり丁寧に施工して完成! お客様にも喜んでいただきました。 


工事の流れ

sumai1

価格の目安

工事をさせて頂いた お客様からコメントを いただきました!

木製玄関ドア 専門サイトはコチラ