本文へスキップ

ヤマハ木製玄関ドアの塗装には専門職人の適切な判断と努力の例

TEL. 03-3995-0011

〒177-0033 東京都練馬区高野台5-11-8

ヤマハの木製玄関ドア塗装多摩市から

ヤマハの木製玄関ドア塗装の例です

ヤマハの木製玄関ドア塗装のお客様は多摩市からご依頼しまた
玄関ドアの現状を見ないと何ともハッキリは申し上げられない為、日時を合わせて現地にて既存のYAMAHA玄関ドアを見せて頂きました。


木製玄関ドアの塗装で重要なポイントがあります、そのポイントとは(既存)素材のランク、 塗装仕上げのランクは様々です。

今回の塗装対象のヤマハ玄関ドアは、上ランクの素材と上仕上げで納品された数少ない
ドアの一枚でした。。
 ヤマハ玄関ドア塗装、多摩1  ヤマハ玄関ドア塗装、多摩2
 ヤマハ玄関ドア塗装、多摩3  ヤマハ玄関ドア塗装、多摩4
 遠くからではわかり難いので、近くで見ると、表面がザラザラで、コーティングが無く、雨や紫外線にさらされている状態です。(危険信号!)
何度か塗装された形跡はありますが、どれも長くは持たなかったようです。
この↓悩ましい 「装飾の塗料をどうやって落すか」 はプロの職人の腕の見せ所です。
ヤマハ玄関ドア塗装、多摩 
 既存の塗料を落す作業です。大事な木材の化粧面にキズが付かない様に慎重に、丁寧に神経をマックスに使って落します。 
二人の職人の相性と経験が大事なポイントとなります。
この作業は結構 重労働なので、殆どの職人が機械任せに電動機械を使いてガリゴリ削ってしまうのですが、その方法では大事な化粧肌がキズだらけになってしまいます。
弊社では肌を傷めないよう、全てを手作業で行います。

塗装は「下地が命」です。肌を傷めず綺麗な下地の状態のまま残るため、新品同様の綺麗な仕上りと共に 長い年月、紫外線と雨風に耐え得ることができるのです。
 ヤマハ玄関ドア塗装、多摩6  ヤマハ玄関ドア塗装、多摩7
 二人の職人で古い既存の塗料を完全に落し、無垢の状態に戻しました。
既存の塗料を全て、完全に落さなければ、再塗装は長持ちしません。
コチラでは、あえて全ての作業工程を載せていません。(弊社の企業秘密です)
本見積もりをご依頼されたお客様には、現地にて詳しいご説明をさせていただきます。
また、環境等を含め適切な色選びのアドバイスで、納得のいく仕上がりをご提供いたします。

 ヤマハ玄関ドア塗装、多摩8  ヤマハ玄関ドア塗装、多摩9
ヤマハ玄関ドア塗装、多摩10 
ヤマハ玄関ドア塗装、多摩11 
弊社では、数々の玄関ドアの再塗装を行っておりますが、玄関ドアの小口にまでは手入れが及んでいないことが圧倒的です。
外部に面している「枠」も当然ながら紫外線 や 雨、風 で劣化しています。
外枠、廻り枠、欄間、玄関ドア外面、玄関ドア小口等、これらの既存塗料を全て落し、新品同様に仕上げました。
仕上がりにも大変ご満足頂き、「新品の状態になりました、感謝です」と喜んで頂きました。

____________________________
*ご注意*
弊社ホームページ、ブログに記載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されています。

著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。
悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。

バナースペース

お客様の声
木製玄関ドア塗装専門会社

〒177-0033
東京都練馬区高野台5-11-8

TEL 03-3995-0011
作業中の時にお電話に出られない場合がございます。
お手数をおかけしますが、メールにてご連絡いただければ、必ずご返信い致します。

スマホでご覧頂いているお客様: お問い合わせには下のボタンを押して下さい。

お問い合わせ

31.木製玄関ドア塗装DIYで起きる問題

30.yamaha玄関ドア塗装