本文へスキップ

木製玄関ドアの塗装工事のご紹介です、こちらは家具塗装専門会社です

電話でのお問い合わせは03-3995-0011

〒177-0033 東京都練馬区高野台5-11-8


AICAの木製玄関ドア再塗装工事NO:23HEADLINE

木製玄関ドアが塗装によりまるで新品のようなドアになりました

木製玄関ドアは新品であれば、二日間で仕上げられるのですが、「再塗装」となると、既存の塗料を完全に落さないと直ぐにポロポロ剥がれてしまいます。

木製ドアを再塗装ご希望のお客様に共通のお悩みは・・

どこ頼んだらいいの? です。

ネットが広まる時代になり、誰でも簡単にホームページを作成できるようになりました。
宣伝使用と思えば、インターネットの知識がなくても、自分でホームページを作れなくても、お金さえ払えば、プロのホームページ作成会社さん、ブログ屋さんがいっぱいいるので、その気さえあれば頼めばいいので全く困りません。

数年前までは、「家具塗装」「木製玄関ドア塗装」と検索すれば、弊社のホームページも含めて
100万社以下の数でした。
が、今や
1700万社のページが出てきます。
面白いことに現在(2019年5月1日現在)GW中に「木製玄関ドア塗装」と検索すると、なぜか900万社に減少してしまいました(ビックリ!!)どこの企業もお休み中だから???

プロのホームページ作成業者さんは、GOOGLEからの指摘や支持があっても、それを上手く難なくこなしてしまいます。
良い業者、悪い業者、できる業者、できない業者に関わらず、お金さえ払えば、検索結果で上位にもってくることなどお手の物です。
その結果、何も知らないお客様が上手く誘導され、よからぬ業者にたどりついてしまうことがよくあるようです。

施工業者をいっぱい集めて、マージン目的で 紹介するだけ というサイトも沢山あります。(トラブルが起きても責任は取りません。)

弊社ではトラブルを避けるため、仲介業者さんの仕事はお断りしております。
なので直接弊社にお問い合わせ頂く個人のお客様のお仕事以外やっておりません。

弊社ではその手の業者さんに情報が行かないように、お問い合わせいただいたお客様のみに 工事の価格、施工の詳細を直接ご説明しております。
そのため残念ではありますが、弊社ホームページでは、ほんのわずかな情報しか載せていません。
良からぬ業者のパクリ対策のために、お客様には情報不足となり申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い致します
。。

 木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装工事前 木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装工事前2 
 木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装工事前3  木製玄関ドア塗装。AICA製。既存の塗膜完全落し
 木製玄関ドア塗装。AICA製。お客様と記念撮影  二人の職人で丸一日かけて既存の塗膜を完全に落しました。
二日目の朝、現場に伺った時、お客様が玄関ドアの状態を見て喜んでいらっしゃいました。「説明を聞いても、ここまで手間がかかるとは思っていなかった」とおっしゃって、私達が玄関ドアの状態を写真で納める時、一緒に記念撮影して下さいました。
ここでは施工の詳細説明はあまりできませんが、完全に仕上がるまで沢山の項目がございます。
弊社の長い年月の技と経験で作った、53項目のルールを毎度きっちり守り(ドアの状況など環境が違っても)全てのドアを同じように仕上げるよう頑張っております。
近年、さらに雨風に強いタイプの塗料に変更しました。
 木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装2日目  木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装2日目その2
 木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装3日目  木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装3日目その2
 木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装3日目その3  木製玄関ドア塗装。AICA製。塗装3日目その4
AICA製玄関ドア塗装仕上げ 

再塗装をご依頼希望のお客様に・・
まずは業者選びにご注意下さい。
艶消しを希望しないで下さい(理由があります)
我が家のドアの雰囲気の為。。などご自分のお考えで業者に依頼しますと後で後悔する事がありますのでご注意下さい。
我々業者は当然お客様のご意見、ご希望を大事にしなければなりませんが。。お客様が思われるほど単純な仕事ではないので十分に説明を聞いてからご判断下さい。
「お問い合わせ」をよくお読みになり、メールにてお問い合わせいただければ、おおよそのお見積もりをお出しいたします。
金額がお客様のご予算に合うようでしたら、本見積もりとここでは言えない詳細のご説明にお伺い致します。
最後までお読み頂いて誠にありがとうございました。